広告

悲報:MZDAOは稼げません。会社員でも収入を増やす方法【まとめ】

収入を増やして、少しでも豊かな生活を送りたいと考えている人も多いのではないかと思います。

今回は、会社員・副業・投資を経験した私が考える、収入を増やす方法をお伝えします。

収入を増やす方法

①転職する

収入増加が期待できる場合は、転職を検討してみることがおすすめです。

現在の給与額が満足でない場合、例え還暦まで勤続しても大きく増加する可能性は低いためです。

2021年の月例賃金の引上げ率は1.93%、引き上げ額は5,887円。

経団連

年収400万円であれば、30年間勤続しても、30年後の年収はおよそ670万円です。

またこのような調査は、上場企業など大企業も含まれているため、大半の人はこれ以下の引き上げ率であることも考慮すべきです。

現職に見切りをつけて、転職する場合は以下を参考にしてみてください。

転職するための3ステップ

・現職を退職する

・転職後の業界や職種を決める

・転職先を見つける

現職を退職する

会社の代表や経営陣と直接話をする機会をつくりましょう。

この際に普段から彼らとの面識を深めて、「誰が社内の意思決定を担っているのか」を把握しておくことは重要な社員のミッションです。

管理職や上司とされる会社員の方は自分達の業務負担や評価を懸念される傾向が強いため、転職を相談してもはぐらかされたり、留まるように再考させられたり、意義のない時間を費やす可能性があるため、可能な限り省略することが効率的です。

転職後の業界や職種を決める

ほとんどの方は、現職と全く同じ業界や職種への転職を検討されがちです。

転職の目的の一つは、収入の増加です。

自分の業界が、中長期的(10年以上先)に成長するのか、吟味してみてください。

おいおい、「オワコン」業界って薄々気づいてるけど、他業種なんて採用されない...と不安をお持ちの方も多いかと思います。

そんなときに有益な考え方は「職種のスライド」です。

現職で関わっている職種が必要とされている、かつ自分にとって興味のある業界の共通部分を見つけ出すことで、現職とは別の業界にもチャレンジできます。

例えば、私はアパレルのメーカーで、営業やウェブマーケを担当していました。

同じような同僚は、WebサイトのデザインやECの運営職に転職することで収入を増加させることに成功しています。

アパレルというセンスが問われる業界で培った美的感覚とウェブマーケで培ったWebサイトやECに関する運営ノウハウを、IT業界で転用させた事例です。

転職先を見つけ

ほとんどの方は、転職サイトや転職エージェントの活用を検討されると思います。

もちろん、これらを活用することも必要です。

しかし、転職サイトの紹介企業が自分の求める企業とマッチしているかは未知な部分が多いために注意が必要です。

また彼らは求職者の転職後は一切責任を負わないため、転職さえさせればOKという営業マンが存在することもあります。

そのようなミスマッチを防ぐために、現職で培った信頼できる人脈を通して、直接紹介してもらう手段で転職することが最良です。

Windows95の開発にも関わった中島聡さんは、アメリカの求人市場では人脈を通じた紹介が一般的だと仰っていました。

転職サービスは、転職先から自分の年収の20~30%を紹介報酬として獲得することを考えるとサスティナブルです。

②副業する

小さなお小遣い稼ぎ感覚で始めるのが適切です。

クラウドワークスやアルバイトなどでもOKですが、収入の仕組みを目指してほしいために今回はブログをおすすめします。

ブログ

アフィリエイトでGoogleの広告収入や企業様からの広告収入が収益となります。

ほとんどの場合は成果報酬です。

問題は、収益発生まで少なくても1年程度かかることです。

ブログで一つの記事を投稿するだけでも数時間かかりますが、1年間タダ働きというのは過酷です。

しかし、初期費用はほとんど発生しないので参入障壁の低い副業です。

また、認知を獲得した記事や検索上位を獲得すると、何もしなくても収入をつくることができるのは魅力的です。

当ブログのような仮想通貨ブログの始め方は以下を参考にしてみてください。

参考【2024年】初心者向け!収入を仕組み化する仮想通貨ブログの始め方

続きを見る

インスタグラムやYoutubeなどのSNSでもアフィリエイト収入を狙うことは可能ですが、一定のフォロワーを獲得したり認知を向上させるためには多くの時間が必要です。

③投資する

少額でも投資することで業界や会社について勉強するきっかけにもなります。

また将来のリスクを想定して、少しでも資産を形成しておくことは、年金や政府に頼らず豊かな生活を期待するために必要な手段です。

(つみたて)NISA

NISAは2024年から新しい制度でリスタートします。

売却益が非課税というのは、増税に苦しむ国民としては多いに歓迎できる制度です。

特に、投資信託をサブスク的に購入できるつみたてNISAは、投資初心者でも始めやすいのでおすすめです。

NISAは、多くの金融サービスや銀行で始めることができますが、手数料が安くオンラインで購入できるSBI証券」あるいは「楽天証券」がおすすめです。

これらの口座開設は、金融庁への登録が必要なため1ヶ月程度かかります。

今のうちに手続きしておくことがおすすめです。

仮想通貨(ビットコイン)

私は約7年前にビットコインを購入して、当時から7倍近くの価格になっています。この含み益は通常の株式投資では考えられず、FXだと認識されがちなのも理解できます。

私が考えるFXとの違いは、FXは短期間に売買を行う「投機」に対して、仮想通貨は中長期で保有しておく「投資」であることです。

ほとんどの方は、価格が暴落したタイミングで売却してしまい(初期の私のように)、結果として大きな損害を被ります。

7年という期間でも大きな値動きがあるように、静観して必要なタイミングで売却することが大切です。

仮想通貨は、株式のように専用の取引所(金融口座)を開設することが必要です。

ビットコインは、コインチェックがおすすめです。

ちなみに、世界の取引所の中で国内の取引所ではビットフライヤーに次ぐ評価を獲得しています。

またビットコインは、取引所内の『取引所』で購入すると手数料ゼロで購入できるのでマストです。

ビットコインの買い方は以下を参考にしてみてください。

参考【コインチェック】どれがお得!?ビットコインを購入する方法の比較

続きを見る

仮想通貨は数万種類ありますが、投資初心者の方はビットコインを選択することをおすすめします。

その他の通貨は、特に新興通貨は、詐欺紛いのプロジェクトも多いので注意が必要です。

それから、税金はちゃんと計算するようにしておいてください。

参考初心者向け!5分でできる仮想通貨の損益計算方法と税金対策【無料】

続きを見る

④事業を始める

収入を増やす最大の手段は、事業です。

製造業が大きい産業の日本では、質の良い商品やサービスを作れば売れる思考に陥りがちですが、現代社会でこの理論はほとんど意味を成しません。

まずはざっくりした提供価値を選定して、(潜在)顧客探しを始めましょう。

顧客が見つかったり、話が聞ける状態がつくれたら、その人の悩みや課題などを深堀して顧客理解を深めましょう。

このフェーズ、顧客理解は最も重要で、これをマーケティングといっても過言ではありません。日本の多くの企業では、会議室で議論されて開発が進みますが、「誰が買うんやろ?」って思うことありますよね。

この一連のサイクルをグルグル回して(都会の人はPDCAっていう)、最も優れた商品やサービスに完成度を高めていくことで、事業化・収益化を目指しましょう。

まとめ

今回は収入を増やす方法をまとめました。

ちなみに会社経営や経済に関しては、実績を持っている人の声を聞くことも大切です。

MZDAOでは、ZOZO設立の前澤さん(MZ)を中心に事業開発に取り組んでいます。

2023年は、スタートアップ企業支援事業が開始して、これらの経営者の声もきけています。

いきなり副業とか事業とか始める前に、勉強してみたい方は是非ご検討ください。

MZDAO無料記事を読む

MZDAOコミュニティに参加する